【6】2歳双子誕生日トラブル~察してちゃん妻から伝え上手を目指す~

2歳

\動画配信ダントツ1位!/

220000万本以上(人気アニメや映画、ドラマ)が見放題

アニメ「鬼滅の刃」・劇場版「無限列車編」も配信対応済み!

そのほか人気作品もチェック

マダム嫁子
マダム嫁子

こんにちは!
11歳長男、2歳双子、0歳年子末娘のワンオペ4人育児に日々奮闘する看護師ママのマダム嫁子です!

前回までの漫画はこちらから!

家事や育児といった重労働を1人でこなしているうちに、家庭内にモヤモヤを抱えるようになったという経験はありませんか?

こんなに私は頑張っているのに夫は分かってくれない…と唇を噛み締めてイライラ。

しかし、妻の異変に夫は気付いているのかいないのか、一向に不満部分の改善はされず、猶更イライラ…。

そろそろ負の無限ループを抜け出しましょう。

空回りな察してちゃん妻を卒業する秘訣をご紹介します。

\本記事の要約/

  1. 察してちゃん妻の心理は…「分かってほしい」
  2. 夫に気持ちを伝える上手な方法:5選
  3. 【漫画】察してちゃん妻だった私の本心

\こんな人におすすめ/

  • 察してちゃん妻な人
  • 察してちゃん妻を卒業したい人
  • 察してちゃん妻を理解したい夫

\執筆者/

@マダム嫁子

→Twitterにて我が家の知育や食育など更新中!

本ブログはお役立ち情報の最後に育児漫画を掲載しています

気になる方は目次からジャンプ!

察してちゃん妻の心理は…「分かってほしい」

察してちゃん妻の心理の根底には「言わなくても分かってほしい」があります。

何故なら、夫は自分にとって最愛の理解者だからです。

心を許し、甘えられる唯一の人と言えます。

例えば、少女漫画のヒーローはヒロインのピンチに気づき、必ず駆けつけてくれます。

現実ではあり得ないと分かっているのに、心のどこかで夢見ているのが女性です。

察してちゃん妻は、夫に王子様やヒーローの姿を重ねている部分があります。

夫に気持ちを伝える上手な方法:5選

男性と女性では物事の捉え方や考え方、問題解決の方法など、根本的に異なる部分が多く存在します。

それぞれの特性を踏まえた上でのコミュニケーションが必要となるのです。

夫に気持ちを伝える上手な方法は以下の5点です。

(1)伝えるタイミング

(2)感情的にならない

(3)LINEやメールを活用する

(4)どうして欲しいのか直接伝える

(5)「でも」「だって」のやりとりはNG

各項目の詳細について説明していきます。

伝えるタイミング

仕事で疲れている日や、帰宅が遅かった日など、夫側に余裕のないタイミングでの切り出しは避けるのが吉です。

冷静な話し合いをしたかったのに、夫がイライラし出して喧嘩になってしまった…というパターンは往々にしてあります。

夫の言動を見て、余裕がありそうなタイミングで話を切り出しましょう

感情的にならない

女性のヒステリーは総じて男性は苦手です。

また、妻側も感情的になっている状態では自分自身の気持ちを上手く伝えられませんし、思いがけず関係のないことまで口走ってしまうかもしれません。

あらかじめ自分の気持ちを振り返り、伝えたいことをまとめておくのがよいでしょう。

くれぐれも相手を責めるような言い回しは避けるべきです。

LINEやメールを活用する

直接言うのは気が引ける、上手く伝えられる自信がないという方は、文章にまとめて送ると良いでしょう。

ヒートアップしてきたら、一旦やりとりをやめることも可能です。

文章上であれば、お互い冷静でいられるのは大きな利点といえます。

どうして欲しいのか直接伝える

女性は悩みを聞いて欲しいのに対し、男性は問題解決型の思考をしています。

問題点を伝えると夫は解決するための案を出してくれるでしょうが、もしかしたらそれは妻の望むところではないかもしれません。

ただ気持ちを聞いて欲しいだけなら、あらかじめそのように伝えておきましょう

また、妻側に夫に対して改善点などの要求があるなら、具体的に分かりやすく伝えると、夫も理解しやすいです。

「でも」「だって」のやりとりはNG

冷静に話し合えているつもりでも、相手の話に対して否定するのはトラブルに発展しかねません

その場では大きな喧嘩にならなくても、後々後を引く可能性もあります。

自分の気持ちを伝えるのは必要なことではありますが、グズグズと相手を責め続けては話し合いは終わりません。

状況の解決・改善のためには、否定するセンテンスは選ばないように心掛けましょう。

「旦那さんが大好きだったあの頃の私」を取り戻したいなら、こちらの記事もどうぞ!

ちなみに現在の私はガルガル期がおさまったので、旦那さん大好き妻の一人です。

【漫画】察してちゃん妻だった私の本心

かくいう私も、察してちゃん妻でした。

普段はメンタルが安定しているタイプなのですが、一度崩れるとなし崩しになってしまい、とことん拗らせてしまうのです。

この頃、夜中に一人でシクシク泣いたり、意味もなくフラフラ外に出て行ったり、ちょっと異常な行動をよくとっていました。

今振り返って思えば、ある種の現実逃避のようなものだったのでしょう。

そうした行動を取ることで、自分自身の抱えているフラストレーションが、ほんの少しだけ和らぐような錯覚があったのです。

一度感情が溢れてしまうと、それはもう次から次へと止まらなくなり、自分でも何が何だか分からない状態でした。

子どものように声をあげてしゃくりあげて泣きながら、途方もない気持ちを曝け出し続けました。

気持ちを吐いても吐いても楽にならず、むしろ自分が嫌になって苦しくなりました。

ただでさえ追い詰められていた私は、不安定な感情を吐き散らかすことで、更に自分を追い詰めることとなったのでした。

次回の漫画はこちらから!

私の容態がまさかの急変します。

マダム嫁子
マダム嫁子

怒るのも泣くのも案外エネルギー使うよね…。
笑顔が一番!

コメント

  1. […] Twitter Facebook はてブ Pocket LINE コピー 2021.09.02 【6】2歳双子誕生日トラブル~察してちゃん妻から伝え上手を目指す~自… […]

  2. […] 【6】2歳双子誕生日トラブル~察してちゃん妻から伝え上手を目指す~自… 嫁子 […]

タイトルとURLをコピーしました