6人家族じゃ狭い⁉マンションでベランピング!

家族
嫁子
嫁子

こんにちは!
10歳長男、1歳双子、0歳年子末娘のワンオペ4人育児に日々奮闘する看護師ママのマダム嫁子です。

コロナ禍で外出できない現状…

コロナの流行に伴い、お家で過ごす楽しみが当たり前となってきましたが、そろそろマンネリで飽きてきませんか?

ワクチン接種も進んできてはいるけれど、子どもは対象外だし、育児世代が接種できるのは当分先になりような雰囲気。

元々、キャンプ好きな人たちの間では「グランピング」など珍しいものではありませんでしたが、昨年おうちごもりの需要拡大により、ベランピングという言葉が世間にかなり浸透しました。

マンネリ化してきた今だからこそ、ベランピングの楽しみを見つけ直してみるのはどうでしょうか。

意外な楽しみ方も見つかるかもしれませんよ。

狭いベランダでも快適!ベランピングの楽しみ方

我が家は郊外のマンション住まいですので、ベランダと言ってもかなり広い作りです。

何せ、全員分の洗濯物や布団を干すことを計算して選びましたので、以前住んでいたアパートの3~4倍以上の広さはあるでしょうか。

小さな子どもがいるので、テーブルや椅子、植木鉢の類は転落防止のため置けません

転倒時のためクッションを兼ねて床に何か敷く必要もあります。

できることならインスタ映えするようなお洒落なベランピングに憧れるけれど、安全面も気になるし、お金がかかるも微妙…と我が家は着手するまで少し時間を要しました。

調べても、実は小さい子がいる家庭向けのベランピングって中々出てこないんです。

結果、我が家はイタズラ防止、防犯面などを兼ねて、柵に目隠しシートを張り、床には人工芝を敷きました。

ロール状の人工芝ですと、水はけが悪く虫が発生しやすいとのことでしたので、少しお値段が張りますがジョイントの人工芝です。

正直言って、それだけでかなりお洒落になりましたし、安全性も高まりました。

無理にあれこれアイテムを買わなくても、最低限そろえてしまえば田舎のマンションから、ちょっとしたリゾート気分に早変わりです。

ちなみに我が家が買ったのはモカ(濃いブラウン)の目隠しです。

外からの視線を遮れるだけでなく、子どもが策の隙間から玩具など落とすのを防げて機能性ばっちりです。

他にも様々な色や模様のものがあるので、探してみるのも面白いかもしれません。

ベランピングの虜になった子どもたち

去年設備を整え(とはいえ、目隠しネットと人工芝だけですが)、長男は時折テントを出して寝泊りしています。

なんちゃって三つ子は勿論まだそこまではできないので、もっぱらレジャーシートを敷いてお弁当を食べたりベランダに飛んできた葉っぱや花びらを拾って楽しんでいます。

(隣家がバラを育てており、時折その花びらが我が家のベランダに入り込んでくるのですが、娘たちは大興奮です)

その様子についてご紹介します。

何せ1歳双子と0歳末娘のいる我が家は、圧倒的なマンパワーの不足により、外食できません。

わざわざ外まで出向いて、人目を気にしながら不馴れな状況で食事を摂らせることを考えたら、自宅で作って食べさせた方が明らかに楽ですし、コストもかかりません。

ただ、お買い物はネットスーパーなので基本的に購入する食材は固定ですし、目新しいメニューというのも存在しません。

しかし、あり合わせながらお弁当を作り、外の風を感じながらみんなでわいわい食べるのはとても新鮮で楽しいものです。

勿論、ベランダはマンションの共有部分でもあるので、火や煙は使わない、不必要に騒がない、ゴミを飛ばさないといった必要最低限のルールを守らなくてはなりません。

近年では「ベランダで燻製をしている世帯があり迷惑」など、ちょっと考えれば近隣に迷惑だと分かるようなトラブルもあるそうです。

楽しんでいたのは我が家だけ、周囲からしたらとんでもない大迷惑だった!なんてことにならないように、配慮や気遣いを忘れず、素敵な家族の思い出を作りたいものですね。

嫁子
嫁子

お子さんの年齢に応じていろんな楽しみ方ができるから、幅広い年齢で楽しめると思うよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました