2歳双子のバイリンガル教育!~英語の早期教育ってどうなの?~

2歳
嫁子
嫁子

こんにちは!
10歳長男、2歳双子、0歳年子末娘のワンオペ4人育児に日々奮闘する看護師ママのマダム嫁子です!

小学校で英語は必修科目!どういうこと?

2020年4月から、小学校3〜四年生の「外国語活動」が必修化、小学校5〜6年生の「外国語」が教科化されました。

小学生の子ども達が英語に慣れ親しむ英語でのコミュニケーション能力を向上させる中学英語へスムーズに移行するなど様々な目的・メリットがあります。

近年、英語の早期教育は過熱しており、単なる英語塾だけでなく、英語教材の販売やオンライン講座など幅広く門戸が開かれています。

0歳から始めても良いと言われる英語の早期教育。

しかし、実際どんなふうに進めればいいのか、必要性はあるのか悩んでしまいますよね。

もしかしたら焦っているお母さんもいるかもしれません。

そこで、現在小学校5年生の長男を筆頭に、4人育児中の看護師ママ目線で英語教育についてまとめました。

幼児教育必須⁉英語の早期教育メリット

およそ10年前、長男がまだ小さかったころ、英語塾に通っている子はほとんどいませんでした。

なにもしないよりかは、取り合えずディズニー映画を英語で見せると良い」くらいの感覚のお母さんが多かったように思います。

かくいう私もその一人でした。

しかし、時代はもはや本格的な英語教育に取り組んでいます。

そんな早期の英語教育にはいくつかのメリットがあると言われています。

耳が英語に慣れる

日本語は母音が「あ、い、う、え、お」の5個のみですが、なんと英語では26個もあります。

子音などの音を含めると、日本語は110程度であるのに対し、英語は2000を越えるのです。

加えて、日本語は音の高低差によってリズムをつけて話します。

しかし、英語は全く違って強弱によってリズムをつけます。

ネイティブな英語を身につけるためにはこうした発音の違いをしっかり聞き取る耳を育てる必要があるのです。

英語脳が育つ

日本語と英語では文法が違うので、日本語に慣れている大人からすると英語のリスニングやスピーキングはどうにも混乱しがちです。

しかし、小さい頃から英語に慣れ親しんでいると、この差の開きが小さくなり、英語力が鍛えられるというものです。

英語への抵抗がなくなる

より小さい頃から英語に慣れていると、実際に授業で取り組んだ際に抵抗が少なく、スムーズに内容を受け入れられるというものです。

今後はより高度かつ実践的な英語が求められてくると予想されます。

英語力は受験や就活で有利になりますので、小さい頃から鍛えたい!と願うお母さんもやはり多いのではないかと思います。

ちなみに我が家の長男の場合、英語の学習理解度に問題はありませんが、英語の授業にありがちな「ニュアンスとノリで乗りきるポップな雰囲気」が苦手なようです。

慎重な子や大人しい子は場の雰囲気に慣れるという目的で、英語を習うのも良いかもしれません。

右脳が鍛えられる

本来人間は論理的思考をする左脳優位です。

一方、デザインなどアーティスティックな芸術的要素は右脳優位です。

英語は歌ったり踊ったりしながら楽しく学ぶことが多く、このような場合右脳を使うため、普段あまり使わない右脳を鍛えることができます。

普段は眠っている右脳を活性化させることで、新たな才能を開花させる可能性があるかもしれません。

英語の早期教育デメリット

これまでの流れを見ると、英語の早期教育に取り組んだ方が絶対に良い!と感じたはずです。

当然、デメリットと言える部分もあるため、注意が必要です。

日本語力が育ちにくくなる

英語にばかり注視していると、当然日本語の表現力や理解力は当然下がります

日本で生活するのであれば日本語での会話は必要不可欠ですし、学科は英語だけなく国語もあります。

また、日本語力は勉強面だけでなく、他者との円滑なコミュニケーションで得られる情緒面へのポジティブなはたらきかけにも影響してきます。

将来仕事をするうえでも、信頼関係や業務成績にも結びついてくることでしょう。

実際、私も看護師として働く際、年配の方や高齢者と関わる機会が多く、上手な言い回しや正しい敬語によってスムーズな援助につながることが多いです。

早期介入がなくてもそのうち追いつく説

例えば週に1~2回、1時間程度の英語塾に通ったり、英語を学ぶ機会を設けたとして、日常生活のうちのほんのわずかな時間で英語をネイティブに話せるようになるかというと正直難しいところでしょう。

必死に先取り学習をしたところで、結局小学校に上がれば授業でみんな習うことなのです。

勿論、子ども本人が楽しく英語を学べているのなら何より一番良いことですし、子供の将来選択の幅が広がる機会になるのは確かです。

ただ、それはあくまで子ども本人の意思次第。

「習っているからにはネイティブな会話ができるようになるに違いない!」「英語が得意になって受験で有利!」などと親が過度な期待を持つのは危険行為と言えます。

我が家のリアルな英語教育

わが家はFisher priceというアメリカメーカーの玩具で統一して揃えています。

安価で安全面も優れており、カラフルな色使いが娘たちのお気に入りなのです。

また、大抵の玩具には音楽や歌が流れる機能が備わっており、英語・日本語のどちらでも楽しめるように配慮されています。

期せずして偶然英語と触れる機会ができただけであり、意図したものではありませんでした。

しかし、なんと驚いたことに娘たちは英語を覚えていたのです。

どうやらアルファベットと日本語を識別しているようで、アルファベットを見かけると「えいびーしー!」を連呼

「まさかうちの子って天才⁉」などど、ついニヤニヤほくそ笑んでしまうあたり、私はだいぶ親ばかなのでしょう。

親の知らない間に身の回りのありとあらゆることを学び、身に着け、成長していく娘たちの姿は大変喜ばしいものです。

ただ、悲しいかな、最近ではなんともお下品な言葉も覚えて、キャッキャウフフとはしゃぎながら楽しむ場面が少なくありません。

色々な言葉を覚えてくれるのは嬉しいのですが、せっかく日本に生まれたからには日本語独自の美しい語感を大事にしてほしいところ。

まさに親の心子知らずです。

バグりまくる「エイビーシー」が気になる方はお試しあれ!

突然バグって歌いだすのが恐怖すぎるので、夜間の電源OFF推奨します。

でもニコニコのライオンさんやゆるーいカバさんなど、見ていて可愛いです。

嫁子
嫁子

子どもって下品な言葉ほど喜んで使うから困ります…。
女の子なんだからもうちょっとお上品に育ってほしいー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました