小学生男子あるある⁉鬼滅の刃の流行

年の差育児
嫁子
嫁子

こんにちは!
10歳長男、1歳双子、0歳年子末娘のワンオペ4人育児に日々奮闘する看護師ママのマダム嫁子です。

数字で見る!鬼滅の刃の人気はなぜ?

2020年の流行語大賞8位となった人気漫画「鬼滅の刃」。

週刊少年ジャンプに掲載され、全23巻の累計発行部数は最新で1億5000万部を突破しました。

また、劇場版「鬼滅の刃・無限列車編」は興行収入400億円目前の399億円突破し、アメリカでも公開され、全世界で年間の興行収入ランキング1位になる見込みだそうです。(2021年5月現在)

鬼滅の刃のストーリーは「家族を惨殺された炭次郎が、鬼となった妹の禰津子を人間に戻すための手がかりを求めて鬼を倒していく」というもので、人気の理由にそのストーリーの明解さがあると思われます。

また、キャラクターの人数の多さや多様な技名も魅力の一つ。

とくに子供は強い、かっこいい、可愛い、そういった分かりやすいキャラクターが好きなものです。

加えて、昨年はコロナの影響により、ステイホームを強いられた多くの人たちがアニメを見たり、漫画を読んだため、さらに人気に火が付いたようです。

小学生に鬼滅の刃人気、衰えず

現在は同じく週刊少年ジャンプ漫画に掲載中の「呪術廻戦」の人気が高く、ポスト鬼滅の刃として期待されています。

一方で一時期の全盛期に比較すれば鬼滅の刃の人気は落ち着いてきたものの、やはりまだ衰え知らず。

我が家の思春期真っ盛りな長男も、子どもっぽい振る舞いやキャラクター物に恥ずかしさを感じながらも、なんだかんだでまだ鬼滅の刃が好きなようです。

平成上半期生まれの私としては、るろうに剣心はなじみ深いアニメですが、息子からすればちんぷんかんだったようです。

アラサー、アラフォー世代の人なら、誰しも「二重の極み」「牙突」の練習、したことありませんか?

ちなみに私はドラゴンボールのカメハメハの練習もしました…。

一方、るろうに剣心の人気ぶりは?

るろうに剣心は1990年代に週刊少年ジャンプで掲載され、累計発行部数は7200万部を超えた大ヒット漫画です。

「かつて人斬り抜刀斎として人々に恐れられた緋村剣心が自身の在り方や贖罪の意味について考え生きていく」という大変意味深いストーリーです。

人の心の弱さ、強さ、人との心の絆など、闘いの描写だけでなく、心の機微についても丁寧に描かれた名作であります。

現在は劇場版として実写化され、佐藤健さん主演「るろうに剣心 最終章 The Final」が興行収入20億円を突破したばかりです。

数字で見ると鬼滅の刃の人気が如何に高いかうかがえますが、るろうに剣心の興行収入が低いのではなく、鬼滅の刃の人気が高すぎたといったところでしょうか。

時代背景が近く、ネット上で何かと比較されがちな「鬼滅の刃」と「るろうに剣心」ですが、その魅力は異なっており、どちらも素晴らしい作品であることは間違いありません。

コロナ流行拡大もまた衰えていないにも関わらず、ワクチンの開発・接種開始による気のゆるみ、緊急事態宣言慣れによる警鐘が鳴らされています。

今一度、ステイホームでの楽しみを見つけるべく、新旧の名作に目を向けてみるのは如何でしょうか。

呪術廻戦とかダイの大冒険も流行ってて気になるんだよね!

メンズ
メンズ
嫁子
嫁子

私はクリミナルマインドの最終シリーズを動画配信してほしい!
育児がひと段落ついたら色んな映画観たいなあ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました