花粉症が辛すぎる!娘たちを泣かせた酷い母親⁉

1歳
嫁子
嫁子

こんにちは!
10歳長男、1歳双子、0歳年子末娘のワンオペ4人育児に日々奮闘する看護師ママのマダム嫁子です。

花粉症が辛い!原因は?完治する?

花粉症とは、鼻腔内に侵入したスギを等の植物の花粉に対する免疫反応です。

花粉などが鼻腔内の粘膜に付着すると、免疫機能が花粉を異物(アレルゲン)と誤認し、体内に抗体が作られマスト細胞に結合します。

この抗体は花粉に接触するたびに蓄積されていきます。

許容値を超えると、アレルゲン物質が侵入した際、マスト細胞からアレルギー誘発物質(ヒスタミンなど)が放出され、アレルギー反応(鼻水、鼻づまり、くしゃみなど)が引き起こされます。

花粉症の治療には①対症療法(症状緩和)②根治療法があり、約5~6割の人がほとんど症状なく生活できると言われています。

対症療法では、抗アレルギー剤の内服薬・点鼻薬・点眼薬、ステロイド薬の点鼻薬・点眼薬が組み合わされます。

根治療法には舌下免疫療法が主流です。

液剤タイプと錠剤タイプがあり、1日1回、2~3年にわたって毎日薬を接種します。

  • メリット:自宅でできる体質改善する治療である
  • デメリット:期間が長いステロイド内服中・喘息・高血圧・妊婦・授乳中は不可対象アレルゲンはスギ・ダニのみ適切に服用できる年齢・状態でなければならない

※具体的な費用や治療スケジュールなどの詳細はお近くの皮膚科・アレルギー科にお問い合わせください。

POINT:花粉症まとめ

  • 花粉症は体の過剰な防衛機能によるもの
  • 対症療法と根治療法がある
  • 対象療法は薬によるコントロール
  • 根治療法は舌下免疫療法が主流
  • 舌下免疫療法はメリット・デメリットがあるので注意

一年中アレルギーに苦しむ私

アレルギーといえば、スギやヒノキ、イネといった植物の花粉、ダニやハウスダスト、卵や乳製品を始めとした様々な食品、そして動物、金属など様々です。

私はといえば、スギ、ヒノキ、イネ、ダニ、ハウスダスト、金属のアレルギーですので、ほぼ一年中何かしらのアレルギー症状が出ます。

中でも、スギ・ヒノキの時期である春先は最も症状が重く、鼻水やくしゃみ、鼻づまりに悩まされるのです。

加えて幸か不幸か、私の声はよく通る声質ですので、くしゃみがよく響くのです。

そんな我が家で起きがちハプニングをご紹介します。

部屋中に響き渡る私の大きなくしゃみが双子姉・あねぴ、末娘・ひめぴを驚き泣かせてしまい、双子妹・いもぴが責めるように私を遠くから見ているのでした…。

今思い返してみても、大変申し訳ないことをしたと思います。

姉:もう少し可愛くくしゃみしてよね!
妹:引くわぁ…。
姫:反省してるみたいだから許してあげて?

なんちゃって三つ子
なんちゃって三つ子
嫁子
嫁子

以後、気を付けます…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました